ashida coffee

コーヒー豆は種。太陽と大地のエネルギーいっぱいで作られます。人・環境を大切にしたコーヒー豆を焙煎します。
MENU
coffee

まとまらないので


珍しくこんな時間まで起きてます。
すっごく早寝なので。
台風。。ひどい被害が出ませんように。。。

講座で何を話すか全然みえないーーーー
もっともらしいことを言えばいいのだろうけど
わたしの心に響くコーヒーはちょっとずれてる気がしてきた。
普通のことを言えばいいと思うのだけど
自分の心に響かない。

コーヒーって何だろーーと自分に問う。
香りは絶対的な幸せ。これは言える。
香りにもいろいろある。
焙煎まもない豆の香り
挽いたときの香り
お湯に触れたときの香り
カッピングの専門的な話はよけて
純粋に幸せ度が高いのは
粉にお湯が触れたときに立ちこめる香り。
挽いてるときが好きな人もいることでしょう。
ドリップ好きなので、いわゆる蒸らしの時間は
ドリッパーに鼻を近づけて嗅いでしまう。
コーヒーの香りは本当に素敵すぎる。
研究結果は出ているが、そのこともちょっとおいておいて
理由なくコーヒーの香りは幸せ。
リラックス、集中力が上がる、諸説ある。
そこから入るのが好きじゃない。
好きなものが結果そうだっただけ。

コーヒーの香りがいいな、好きだなーで
いいと思うのだけど。説明が出来ない、、、
わたしの陳腐な説明より
コーヒーの香りがあれば十分。。。


ドリップの好きなところは 無になれること。
3分ぐらいのことだけど
現実から頭の中が離れることが出来て らくちん。
現実逃避?瞑想状態とも近いような。
早朝、一人で飲むコーヒーは至福です。
仕事の合間に、疲れたなと思ったら飲むことも。
ものを書くときも飲みたい。集中出来るから。


豆の選定。
せっかくなら、美味しくて(自分の好み)、
オーガニックやフェアトレードを。
最近、わたしの中で府に落ちるのは
オーガニック、フェアトレードという言葉より
共存。
自然と共存してつくられたコーヒー。
自然環境に迷惑をかけず
無理な負荷をかけずにつくられたもの。
人間の勝手さだけでつくらないもの。
生産してくれる方ともある意味では共存。
そういったコーヒーは飲むと涙が出たりする。
わたしのところへやって来てくれるかどうかは
わたしの力でやることではない。
必要であればきっとやって来てくれると信じるのみ。


保存と賞味期限。
自分の中に明確な答えがない。
粉に挽いたものは焙煎後早めに。
冷凍庫が良いような気がする。
数ヵ月たった冷凍庫の粉。十分飲めた。
ただし、深煎り。季節は秋冬。

豆の場合。
浅煎りは焙煎から早めの方が果実のフレッシュ感があっていい。
お早めに。

深めの煎りになってくると数日おくことで苦味の質がやわらかに。
いつが飲み頃かは、飲みながら見つけるしかない。

保存は季節で変えたい。
冬は常温もいい。
湿度の高い夏は冷蔵庫。
光にはオールシーズン当たらないように。


書いてて思った。
焙煎豆を一定に保てるセラーだ。
温度 湿度 。
焙煎してすぐコーヒーセラーに入れるのもダメだ、きっと。
タイミングがある。
家庭にコーヒーセラーはおけないので、机上の空論。
保存の話は確信に触れることができなくて
苦手なテーマだ。


カフェオレのミルクは電子レンジよりガスであたためた方が好き。
コーヒー少な目、ミルクたっぷりが好き。
クロワッサンとか、これを食べるならカフェオレにする、という
自分の勝手なものさしでカフェオレにする。

今年の夏はアイスコーヒーが充実した。
水だしポットを使い、水では入れず。
自分でつくったシロップにもはまる。
アイスカフェオレに自分でつくったシロップを入れ
大満足の夏。
この話も出来るかなー。


結局、自分で体感し、満足度高いこと、納得してることしか
話せないのかもしれない。
へんてこな知識が邪魔して、
体験してない知識を話してしまうと自分にがっかりする。


なんとなくまとまってきました。
おやすみなさい。

















スポンサーサイト
Daily

羽根



             内向的です。
            チェックシートであてはまることがとっても多い。
            内向的でも 人と、しかも多くの人と楽しめることがある。
            小さな打楽器のステージが昨日終了。
            楽器の演奏中はまったく内向的ではない。
            心がちゃーんとはじける。とても楽しい。
            楽器がなくなると、ちーーーん。。
            楽しかったステージ。
            打ち上げで消耗してしまった。がーん。。。
            消耗すると回復が必要。
            
            ふと、内向的な人にコーヒーは向いてるのかなー?と調べてしまう。
            向いてないようです。がびーん。

            今週はコーヒー講座をします。
            内向的な人は講座の講師には向いていません。
            ではなぜ引き受けてしまうのでしょうか?
            自問自答。
            そして今も何を講座で何をお話ししようかと考えがまとまりません。
            お母さまたち向けとのことです。
            親にもなれなかった私が言えることは何でしょうか。。
            自虐的になってきました、、、。

            昨日のステージが終わってから打ち上げまで時間があり
            5年生の甥っ子と勾当台公園の防災のイベントで消防車を見たり
            いろいろ体験しました。
            子どもがいると子ども向けのイベントに行けることがとてもうれしい。
            甥っ子からは 僕たち気が合うね、とよく言われます。
            同じ目線でしか遊べない残念なわたくし。
            でも子どもでさえ、打ち解けるまで時間がかかる。
            内向的。がっがびーん。


            今日は親と過ごす日。
            週に一度の親孝行。。。のつもりが
            両親の何気ない言葉にはっとさせられます。
            行きたくないことも多々あるけれど
            潜む発見があったりもするので。
            思い出づくりだとも思ってます。
            
           
            焙煎、2日続けてお休みしてます。
            大変申し訳ありません。。。


            タイトルの羽根。 
            昨日の楽器のステージで本番中にひらひら舞い降りてきて
            神秘的だったものですから。




           
            
            
           
     
                        
    





















































作り手の気持ちが好きなお店さん

green ひるずさん 緑ケ丘へ お持ちしました



太白区 緑ヶ丘の green ひるずさんへ

ぶれんど ことはじめ 納品しました。





あたたかに

ネパールヒマラヤンアラビカ


今朝のコーヒーは ネパール ヒマラヤン アラビカ です。
おいしいなあ。
コーヒー豆の背景に ヒマラヤの風を受け、とあります。
また、このコーヒーを飲むことが
ネパールのニルマルポカリ村などの方々の役にたつんだなあと
思いながら、しみじみ飲みました。
お客様におすすめをしているわけではありません。
なんとなーく いいな、好きだな、と思う方がいたらいいなと思ってます。
好きなコーヒーは自分の感覚で見つけるものだと思ってます。
しっくりくる。
ナチュラルな状態で。




若かりし頃、旅行会社で働いていたのですが
その当時 親しくお世話になった方は
もうずいぶん前から ネパールだけ飲まれています。

また、カヨウカフェ主催の マキノハウスさんも
もうずっとネパールだけに。

最近では ラテに合ってるとmori standardさんが。

特にわたしがなにもしなくても
こんなふうに じわりじわり こういったコーヒーが
広まってゆくことがとっても嬉しいです。


下記 メニュー表に ネパールヒマラヤンアラビカ背景を記載しています。

(メニュー表、改定 進んでなくてすみません
8月9月、忙しさから少し解放されると占いにあったので笑
取りかからないといけないこういった事、やらなくちゃです)











今月の焙煎日

MENU

          芦田珈琲はご注文を承りましてから焙煎をしております。
         工房のみでお店は営んでおりません。      
          大変申し訳ございませんがすべてのお客様に発送とさせていただいております。
        
        ご注文は ✉ ashidacoffee5@gmail.com

              coffee-naturan@docomo.ne.jp

                または 09014984897 (ライン可) での 受付です。

               数日たっても返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡をお願いしたく思います。

    
       いつも芦田珈琲をお飲みくださっているみなさまへ感謝を込めまして。
          芦田珈琲
          Ikuko

201501261521434e5.jpg 
あにぱる仙台(動物管理センター)からやってきた   芦田珈琲の看板犬 【まめ太】

                
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーヒーは全世界で1日に約20億杯消費されており、石油についで多く取引されています。
しかし、価格は生産者の手が届かないニューヨークやロンドンの取引市場で決められ、
小規模生産者の生活は不安定な相場に大きく左右されます。
また、たくさんの中間業者が関与するため、誰がどのようにコーヒーを生産し、加工、流通                   しているのか見えにくいコーヒー豆もあり、
       産地の生産者が得る利益が極めて少なく なっています。
生産者の方がいて、気候の安定や、自然の恵みがあって、出来るコーヒー豆。
大切に焙煎してお届け致します。

   WEB メニュー 改訂中です
    下記のメニューは参考程度に見てください。
    最新のものはコーヒー豆に同封しているメニュー表でご確認ください。
    初めてのお客様はご相談ください。      



  MENU

    100g入りはプラス20円(100gあたり)となります

お好みのローストをお選びください。
ご指定のない場合はそのときに一番良いローストで対応いたします。

①ネパール  200g ¥1000 

シテイロースト きれいな酸味と苦味 コク
フルシテイロースト やわらかな苦味とコク 余韻ほのかにワイニー
         フレンチロースト   飲みやすい深い苦み ワイニー 

*生産背景(後半はネパールにいらした方の文章をそのまま載せます)  
ニルマルポカリ村など。
教育の機会に恵まれない山村の子供たちのため小学校の建設を始めた九州のNPO法人がありました。
10年間の支援期間を経て幼稚園から高校までの設備を整えました。そして10年、教育支支援は終了しました。
しかし収入のない村人が学校を運営するのは不可能な事です。
村人が収入を得るには、と考えられたのがコーヒー栽培です。
そして2003年から、コーヒーの栽培がスタートしました。
ニルマルポカリ村はポカラの郊外にあり、学校は1200m位の山の稜線に建っています。
ヒマラヤの山々を一望出来る風光明媚な場所ですが、村には四輪駆動車で約90分、絶壁に近い悪路を登ります。
子供たちの「ナマステ」… こんにちは、の元気な声が聞こえたり、コーヒー農家が点在します。

後半
コーヒーは植樹して収穫までに4~5年を要します。
同じ03年に植樹をした農家でも地形条件の違いで、既に収穫も始まり収入のある家、まだ収入のない家と悲喜交々です。
広々としたコーヒー畑を想像しないで下さい。
急峻な山の狭い棚田のような庭先に樹を植えています。季節には女・子供総動員、水を与えるのも大変な作業です。
国際協力事業団(JICA)の支援で水供給のインフラは多少改善されましたが、総ての畑までは賄えません。
これらのインフラ整備にも支援を行なっています。
村人が待ち望んでいた収穫は、一部の地区で2年ほど前から始まりました。
1月中旬、農家の庭先には赤く熟したコーヒーが実を付け、赤い皮を除去したコーヒーが干されていました。
満遍なく太陽を浴びるよう混ぜ返す老婆、思わず「ダンネバード」… 有難う、と声をかけました。 
このような順調な農家は稀で、まだまだ、手を貸さねばならない農家の方が多いのです。
村は地形や気象条件に恵まれています。
日中は太陽の恵みを一杯に浴び、夜はヒマラヤの冷気を受け、独特な味のコーヒーを作り出します。
宿から眺める村の景色、山に点在する農家の明かり、決して明るくないが温かみを感じます。
明日もまた眼のパッチリとした子供たちに会おう、そして、ナマステと声をかけよう。
子供たちが安心して勉強できるようコーヒー栽培のお手伝いをしよう ― と考えながら「湯たんぽ」が入ったベッドに潜りました。


②ラオス  200g ¥800 

フルシテイロースト 苦味とほのかな酸味がバランスよくなめらかな味わい
フレンチロースト きれいな苦味。すっとしてます。

*生産背景  
ラオスコーヒーは、フランスの植民地の頃、1900年代に持ち込まれて以来
栽培が始まりましたが、大半が旧ソ連や東欧などの共産圏への債務支払いの
目的で輸出されてきたため品質よりも量の確保に重点がおかれていました。
国際NGOオックスファムが、ラオスの農業省管轄のコーヒー調査実験センターと
共に、品質向上に意欲のあるボラベン高原カトウアット村などの生産者を組織し
栽培~加工の研修を実施してきました。それに伴い、従来の非水洗加工式から
水洗式に転換し高品質のコーヒー豆を生産できるまでに至りました。

ボラベン高原で森の恵みと共生しながら暮らし、肥沃な大地、豊かな森の中で丁寧にコーヒーを育てています。
アラビカ種ティピカは味が優れていますが、病害に弱く収量も多くはないため希少種であり
ラオスでの栽培もわずかです。

生産者が年に一回得られるコーヒーの収入は 7ー8月に底をつきます。
高利貸から借金をし悪循環から抜けられないことを防ぐため
コーヒー代金の50%を前払いしたり小規模の融資を行い生産者への
支援が行われています。

ラオスコーヒーを飲むことは
ラオスの豊かな自然、少数民族が丁寧に栽培してきたコーヒーを守り
村人の いのち 自然 くらし を守ることにつながります。

           
③ペルー モンターニャベロニカ 200g ¥800 

フルシテイ ロースト やわらかな苦味
フレンチ フルシテイより強い苦味

*生産背景  
        イギリスのフェアトレード団体と開発。有機農業推進。
    
      
④メキシコ クラテイク 200g ¥800   
フルシテイロースト かるめのコクと苦味

*生産背景  
5ha未満の小規模生産者により構成されるグループでつくられています。
生産者の95%は有機認証を得ており、5%も有機栽培への転換を進めています。
✳但し海外の有機認証で 有機JAS認証は取得していません。
すべての生産者がフェアトレード認証を受けています。
kulaktikは有機栽培や持続可能な生産方法の技術支援、各種認証取得のための
ワークショップ、コーヒーノキの修復プログラムなどを行っています。
組合員数 204名(内24名が女性生産者)
アラビカ種(ムンドノーボ、ブルボン、カツーラ)
水洗加工式
  

    【無農薬、無化学肥料栽培】  

⑤コロンビア  200g ¥840 
  
シテイ ロースト 心地良い酸味
フルシテイ 酸味と苦味のバランス良く、苦味が強め
フレンチ コクと苦味


⑥グアテマラ ブルボン 200g \1000

         

⑦エクアドル  200g ¥800 
*生産背景  
産地から消費者までが明らかなコーヒーを目指して
先駆的だった有機栽培「ナチュラレッサ」の取り組みを93年に開始し現在に至ります

*焙煎と味   
深煎り。すっきりとした苦味。



【生産者支援】

   ⑧キリマンジャロ ルカニ アラビカ  200g ¥1000 
 
*生産背景(京都大学 辻村さんの文章より)  

【前編】
万年雪を抱くアフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ山(標高5,895メートル)。
ルカニ村はその西斜面(標高1,500~1,700メートル)にある、
チャガ民族の1農村(人口1,482名、世帯数355戸)です。
村民の暖かさ、素朴さ、真摯さ、快活さに強く惹かれました。
96年以降はほぼ毎年、流通、農協、農家経営などについての学術調査を続けております。
ところが、2001~02年にかけて史上最安値の水準にまで落ち込むなど、コーヒーの国際価格の低迷が目立ちます。

ルカニ村においても、コーヒーの販売収入が激減し、
村民は教育・医療・社会開発への支出を大きく削らざるをえない状況に追い込まれております。
コーヒー栽培をあきらめて、街へ出稼ぎに出る村民も増えました。

このような悲況から脱却するため、「最低価格の保障」と「還元金(産地の社会開発経費として利用)の支払」の
2つの手段により、ルカ二村民の生活やコーヒー生産を支援する、ルカニ村・フェアトレード・プロジェクトを開始しました。この還元金により、図書館が完成しました。

【後編】
キリマンジャロ山中におけるコーヒー栽培は、キリスト教会の主導により1901年にはじまりましたが、     小農民による栽培が大きく普及したのは、第二次世界大戦が終わってからです。
戦後から50年代にかけて国際価格が大きく上昇し、コーヒー販売で新しい家屋を建てられるようになりました。
それに引き付けられ、小農民がこぞって、主食であるバナナの畑の中にコーヒーを植え付けたようです。
キリマンジャロ山の住民(チャガ民族)はコーヒーの販売代金を、主に農業経営費、家屋建設費、教育・医療費として支出します。
特にチャガ民族は教育を重視することで有名で、その高学歴が政治・経済の要職の確保を容易にするため他民族からねたみを買うほどでした。その教育重視を支えていたのが、まさにコーヒーの販売収入であったわけです。
そして90年代以降は、2001~02年にかけてのコーヒー危機」(国際価格の史上最安値)が象徴するように、
コーヒー価格の低迷が著しくなっております。
その結果、子どもたちは進学の断念や休学を余儀なくされることもあります。
村民たちは大切に管理してきた資産(林木・家畜・農地)の販売により、なんとか教育経費を捻出しておりますが、教育面での優位性を失いつつあります。
このコーヒーは、最低価格が保障されております。
村民たちが増産に努めれば、教育経費を容易に確保できる水準の価格です。
また還元金によって、ルカニ中学校の建設が進んでおります。
香味を楽しむだけでなく、生産者の教育支援もできるコーヒーです。

コーヒーの木は直射日光を嫌うため、日陰樹(シェイドツリー)の木陰で栽培されてきました。
しかし近年、品種改良が進んで「サン」コーヒーが増加したことで、森林破壊が進んでしまいました。
よく見かけるようになった「レインフォレストアライアンス(熱帯雨林同盟)」や
「バードフレンドリー(鳥に優しい)」は、その森林破壊を避けるため、多くの樹木の下での栽培が認証されているコーヒーです。
キリマンジャロ山中のルカニ村においても、昔から自生する林木、果樹、そして村民の主食であるバナナなどが、コーヒーの木に日陰を提供しています。
森林保全的な農法として注目されている「アグロフォレストリー」に近い、コーヒー生産が実現しております。
ところが近年、コーヒー価格が低迷し、街へ出稼ぎに出る村民が増えました。
街での雇用に恵まれない若者は、林木を積極的に伐採し、街の材木店に販売しております。
同様の理由で、コーヒーからトウモロコシへの転作が急速に進みましたが、
トウモロコシは逆に直射日光を求めるため、やはり森林破壊を促しております。
 
皆さまにルカニ村などのコーヒーを飲んでいただき、
コーヒー生産が再度、村民たちにとって魅力的なものになれば、
キリマンジャロ山の森林保全にもつながるでしょう。

*焙煎と味   中深煎り(季節によって味を見ながら)
今はキリマンジャロ独特の酸味を生かすというより少し深めに焙煎して
酸味を控えめにしています。




⑨東ティモール マウベシ  200g ¥800 

フルシテイロースト すっとした苦味
フレンチロースト 少し強めの苦味

*生産背景  
東ティモールは2002年に独立したばかりの国ですが、
実に人口の4人に1人が何らかの形でコーヒーを通して生計を立てていると言われています。



 *その他
   
⑰インドネシア マンデリンビンタンリマ 200g ¥900 
深煎り。個性的な苦味。 

⑱ケニア マサイAA 200g ¥1100 
中深煎り。
香りとケニアの華やかさを出すためにあまりに深く焙煎しないようにしていますが、その分、酸味もうまれます。

⑲インド プランテーションA 200g ¥800 
深煎り。深煎りの苦味をお好みの方が多く、昨年より取扱を始めました。

⑳タンザニア 200g ¥840 
中深煎り。
タンザニアは そのとき そのときによいと思う種類を入荷しています。
酸味は全体の味の広がりがでるぐらいに抑えるようなイメージで焙煎しています。

21エチオピアモカ 200g ¥800 
中深煎り。
ぶれんどことはじめ用に 取り寄せていましたが
単品でも好んでくださるお客様がいらっしゃり単品でも焙煎しています。


22 ぶれんど ことはじめ 200g ¥900 
苦味と余韻の旨みをイメージしています・・が ブレンドに使用する豆の安定性もあり
今の ことはじめ は 苦味先行型の味です。



23果実味あふれる エチオピア イルガチャフィーベレカG1 ¥1100(200g)
     

24 ICE COFFEE  BLEND   ¥840(200g) 
   
25ナッツのような苦味の ブラジルプレミアムショコラ ¥800 200g

26伝統ある農園・上質な果実味の グアテマラインヘルトウーノ農園 中煎り ¥1100 200g

27伝統ある農園・良質な苦味の グアテマラインヘルトウーノ農園 深煎り ¥1100 200g

28すっきりときれいな味 殺虫の薬など使わなくとも自然と共存でつくられました・・
  タイ チェンライ 中煎り ¥900 200g

29エルサルバドル マラカラロテ A  ¥1100 200g
  完熟ブルボン さわやか 気品 バランス良

30コロンビアサントゥアリオ農園 ¥1100 200g
  ドライかつスイート 環境保全推進農園

31コスタリカ ロマス アルリオ ¥1100 200g
  甘みを残す精製 ボディ「コク」


 
【カフェインレス】


⑯カフェインレス コロンビア 200g ¥1000 

いずれもカフェインを90%以上除去した生豆を深煎りにしています。
すっきりとした苦味です。
2種類の味の違いはその方のお好みによって様々ですので飲んでみていただいて・・ということになります。





 
 ギフト 
・200g×2袋 ・200g×3袋 
 箱代 +¥250 







  *ご注文のご案内

1、焙煎日及発送日:  ご注文は100gからお受けします。
            月曜~金曜でご注文がまとまり次第の焙煎となります。
            (200g未満の焙煎はうまく焙煎できない為ご了承ください)

2、ご注文方法 :  下記メールアドレス または お電話(10:00~18:00)へお願い致します
           *土日祝日は出られないことがございます           

           * ashidacoffee5@gmail.com
           * 090-1498-4897


3、ご注文の際 下記をお伝えくださいますようお願い致します 

  ①ご希望のコーヒー豆
  ②数量(100g×1袋 200g×2袋)
  ③豆 または  粉
  ④お名前
  ⑤ご住所
  ⑥ご連絡先
  ⑦コーヒー豆のお受け取りご希望日、ご希望の到着時間

*初めての方は恐れ入りますが芦田珈琲をお知りになった経緯(イベントで知ったなど)をお知らせください
       
○送料  ①200gまで   ¥400   
      
     ②300g以上  ¥270(東北 関東 信越) クロネコヤマトの宅急便
                   
○お支払い:郵便払込 銀行振込 (振http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=597#込のご案内をコーヒー豆に同封します)