猫とワタシ

ashida coffee

コーヒー豆は種。太陽と大地のエネルギーいっぱいで作られます。人・環境を大切にしたコーヒー豆を焙煎します。

この記事のみを表示する行った気になる海外旅行

イメージ旅行

海外旅行・・
はて・・最後に行ったのは・・・?記憶さえ危ういです。

今日はお友達の海外旅行のお話しを書かせていただきます。
Sちゃんは海外留学専門の旅行会社で働いています。
今回は昨年末のプライベートの旅行のお話しです。
みなさまも一緒に海外へ飛び立った気持ちになりましょう~。

Have a Nice Trip!

♪♪♪

今回は、おっきなリュック一個で旅をしてきました!

旅したのは、イラリアのローマ・フィレンツエ・ピサ・ヴェネチア、ヴァチカン共和国、
フランスのパリ、モロッコのサハラ砂漠、スペインのバルセロナです。


毎朝6時に早起きして、フィレンツエではドーモ、パリではノートルダムに一番に登りました。
The early bird gets the warm!(早起きは三文の徳)と唱えながら、
どの観光地も人の少ない景色と朝の美味しい空気で最高でした。
旅行では早起きがおすすめです!


私の旅先での楽しみは、現地の人との交流なのですが、
意外にもイタリアの働く人のマナーやサービスが悪くてショックでした。
駅員やお店スタッフはおつりを投げてありがとうも言わない…これが普通なんです。
フランスの方がよっぽどよかったです。
サービス以外は、街の人は質問すると親切に教えてくれて
人はどこもあたたかいなあと思いました。


意外にどの国も英語はあまり通じなかったので
各国の言葉を少しずつ覚えて、道を聞いたり、質問したり、
地元の方とコミュニケーションをとりました。
これも旅行の楽しみですよね。

"1Doumo"まずはなんと行っても…フィレンツエのドウモです!

CIMG9870_convert_20100120092511.jpg
Duomo in Florence is duomo for lovers...フィレンツエのドウモは恋人達のドウモ…と
「冷静と情熱のあいだ」の葵の台詞。
数年前の小説ですが、何度も読んだ大好きな小説。ドウモに登ることを長く夢見てました。
ローマからユーロスター(電車)を使って到着。
貴婦人のスカート”のようなドウモの赤オレンジ屋根は想像以上に迫力がありました。
次の日は朝一番で464段を必死にかけあがり、ドウモの頂上にでました。
オレンジ屋根の霧のかかった街の風景は美しかったです。



②朝一番のパリのノートルダム頂上から眺めるエッフェル塔
ヨーロッパは毎日痛いくらい寒かったけれど、お日様はいつも顔をだしてくれてました^^
エッフェル塔は、前日に時間指定でチケットを買う事をおすすめします。
私たちは日の入りにあわせて予約しました。夢の中のような景色が広がってました。
②from Notre Dome

③ヴァチカンです。 映画「ダヴィンチコード」を思い出してぞくぞくしました。
システィーナ礼拝堂は圧巻でした。神聖なエネルギーを感じる場所でした。
③Vativan view

④ ヴェネチアの“道路”です。ヴェネチアは車が存在しない“海に浮かぶ街“です。
水上バスや水上タクシーで移動します。小さな街なのであてもなくお散歩するのが楽しいです。
どこもかしこも絵になる風景でした。

ただ、毎朝洪水のように通りが水でいっぱい、お店や家の一家も水浸し…
朝10時には水は引くけれど、
いつか海に飲まれてしまうんじゃないかと心配です。
幻の街になる前に行かれてみて下さい
<④Venezia

⑤ヨーロッパのついでに!?アフリカにあるモロッコにも行ってきちゃいました!
ラクダに乗って1時間半サハラ砂漠中にあるテントで寝て、大自然の夜景と朝日を鑑賞しました。
夜中に見た無数の星には言葉が出ないほど感動しました。
星は今にも降ってきそうで、空がこんなに近いと思ったのは初めてでした。
夜空もオレンジの砂漠風景もいまでも夢に見る美しい景色でした
⑤sahara

⑤Sunrise

♪♪♪

いかがでしたか~。旅は良いですね^^
Sちゃん、また海外旅行へ連れて行ってくださいね♪
スポンサーサイト