猫とワタシ

ashida coffee

コーヒー豆は種。太陽と大地のエネルギーいっぱいで作られます。人・環境を大切にしたコーヒー豆を焙煎します。

この記事のみを表示するアニパル仙台

かふぇあしだ

20141216092624b7c.jpg


     アニパル仙台 (動物管理センター)に行ってきました。
       

       まめ。


       看板犬になれるかな。。。




スポンサーサイト

この記事のみを表示する本当で本当で本当のこと

かふぇあしだ

  
     ベンチの上に寝転がってみた
     上見て
     横見て
     下も見た
     空と緑はおおよその予測がついた視界
     土ある地面がなかなか良くて
     おなかを下にして腕をぶらぶらさせて
     足も振ってみたりなんかした

      
     むりやり 蓋はしないぞ☆
     本当で本当で本当で本当だったら大事になっていく。育ててく。
     そしてとっても安心できちゃって誰もが楽しいんだ!
     何もかもがうまくゆく気さえする。そうしたい。
     あーこの場所 大好きになってきてます!!

     
        130426_164653.jpg


     

      日曜日は 新寺こみち市へ。
      近所の方々がお散歩されるとってもいいかんじのこみち。
      みどりのもり幼稚園では
      小さな店主が集まるチャリティイベント。
      
      古川のこども服のお店 パンプキンハウスさんへは
      たくさんたくさんコーヒー豆をお送りしました。
      樹の下さんのお菓子と共に並べていただけるようです。
      ありがたくてとってもとっても嬉しく思っています!
      



              

この記事のみを表示する大賑わい

かふぇあしだ

工房で書いています。
焙煎の合間に一息入れたく活字に触れたくなりました。
書くと疲れがとれます。

この数日も かふぇあしだ、バールashida、自家焙煎芦田は
たくさんの人が訪れました。
(2人いれば、もうたくさんの人です)


感じたことを自分の心に率直に語ることで
来た人も私もそれはもう心地良いと思われます。
そういうことに決めています。

今日は朝からドキドキするトークでした。
愛って素敵!


ブログを書き終え閉じてから 大したことを書いていないから
消そうかな、と、ふと思いました・・・が

もしかして明日は来ないかも、と思ったら
やっぱり消さないでおこうと思いました。

毎日の流れと積み重ねで 今日は 愛って素敵・と率直に
思ってブログを終わっておきたかったから。

明日がこないってわかっていたら
 障害なんてラクラク越えるはず!








この記事のみを表示する満月の日の かふぇあしだ

かふぇあしだ

   かふぇ あしだ の 営業日は わたしが いる日です。
   いるってことは もりもりてんこもりに やることがあったりします。
   「今日 営業してる~?」 と 聞かれると 
   まちがいなく それは  「YES!」 なのです。
   もりもりてんこもりの日は お構いなんてできません。
   「じゃ 勝手に珈琲のんでくね~」 と お客さまは やさしく言ってくれます。
   そして 林の中を 駆け上がってやって来てくれます。
  その 顔を見たとたんに
  「一緒に コーヒー 飲もうね」 って 気持ちになってしまいます。
  そして 結局 わたしは 珈琲を 淹れます。
   いつも焙煎を思い悩んでいるので
   今日は こんなふうに焙煎してみたから 飲んでみよう!と
  お客さまを つきあわせます。
  仕事の時間は後ろに おしてしまったけれど
  昨日は わたしのココロが少し元気がなかったので
  お客さまが いらしてくれたことで 助けられてしまいました。
   きっと これもテーブルの仕業です。呼んでくれたみたいです。





  *登場人物: お客さま → ちっち (ココロのなかでそう呼んでいます)








  

  

    

 

この記事のみを表示する人の集まるテーブル

かふぇあしだ

   
   人が集まるテーブルなんです。、と 作り手は言う。
   呼んでないのに やってくる。
   挙句の果てに 宴席となる。
   なんてこと!!
   望むことが このテーブルを囲み 次々と 叶えられてゆく。
   なんて 素晴らしいことなのかしら!!!

  
 130222_161231.jpg


    はくしょん大魔王を思い出して仕方ない。。
   「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん!」と 言いながら
     林の中を駆け上ってくる。
    だ・か・ら  わたしは呼んでないってば!と思う。
     ここから帰るときに
    「あ~また現実だ~」と 二人の人が言ったことがある。

   わたしは呼んでない。そう、わたしは、ね。。。