猫とワタシ

ashida coffee

コーヒー豆は種。太陽と大地のエネルギーいっぱいで作られます。人・環境を大切にしたコーヒー豆を焙煎します。

この記事のみを表示する優しいブレンド

coffee

優しいブレンドを増やさねば。

ラオスコーヒー。
12月には収穫最盛期。
春には新豆かな?と楽しみにしていたけれど
まだPAST CROP(前年の豆)がたくさんあるという。
大量じゃないと仕入れられないので躊躇してしまった。
躊躇している場合ではないと今朝気づく。
それは優しい深煎りブレンドのラベルを作ってはっとしたこと。
優しいブレンド は シリーズ化しよう。
まず、深煎りが出来たので下記のようなラベルを
袋の裏面にはります。
リピートのお客様には貼らないことがあるのでご了承ください。


優しい深煎りブレンド
生産者支援につながるコーヒー豆だけでつくったブレンドです
フェアトレードも生産者に優しいコーヒーですが
フェアトレードは認証制度のため認証を取るにもお金がかかります
その認証さえ取れないコーヒー豆の生産地がたくさんあります
世界中でコーヒーが愛飲されるようになり
コーヒー栽培で自立した暮らしを目指したり子供たちの教育資金を
地域全体でつくろうという生産地がたくさんあります
そのような生産地のコーヒー豆を飲んでいただくことだけでも
生産者への支援となります。
優しい循環にご協力いただけますことに感謝を込めまして。
200g 960円   100g500円




DSC_1728.jpg
あまりに動きにくくて工房のレイアウトを変えました
ものがないと気持ちがいい

ここに来た人が
その人自身が本来もってるものに
帰れたらいいなと思う
気づけたらと思う
長く生きてくると
ごちゃごちゃ重たいものがいっぱいくっついて
どれが素の自分かわからなくなって道に迷う
手助けは特にしないけれど
その人が本来の自分に帰れたら私は嬉しい。
いわゆる、よろしくない感情にはふたをせず出しつくし
いい人はやめる。
それを一度やらないと帰れない。
偽善は嫌い。
私自身もその作業を日々やっていまーす☆





















スポンサーサイト

この記事のみを表示する工房にて  

coffee

     昨年秋から試験的に始めた木曜午後の工房でのコーヒー豆お渡し。
    やってみるといろいろ思うことが出てきます。当然です。
    駐車場が1台しかないので予約制。
    工房のスペースが狭いので予約制。
    せっかく足を運んでくださったら少しはお話したい方もいるだろうし
    わたしも仕事がたてこんでいなければお話しできるので予約制。
    予約というひと手間。
    自由にさくっと買いたい方への対応ができない、、、。 
    あれこれ考えても現状はすぐには変わらないのですが書いてみました。
    今月から月末の土曜もお渡しができますのでご利用ください。
    ご予約、狭い空間、ということをご理解いただいた上でですが。。。。。。。
    杉があります!!!花粉症の方はご注意ください☆
   

   
    



     
        
   
 
            
 
  
      
    


    
    







    

この記事のみを表示する土の下

coffee

     土の下の作業が好きだ。
     倉本聰さんが土の上ばかりに力を注ぐ人が増えたと言っていた。
     土の下の作業が好きなのだけれどいいのだろうか?と
     ずっと迷っていた。その気持ちが吹っ切れた。
     研究と言えるほどではないけれど
     研究が好きだ。
     探し求めること。
     まだまだたくさんある。楽しい。
     100やって1が土の上に出るぐらいのペースがわたしには向いている。
     自分の力以上のものが舞い降りてきたらプロだ、と言っていた倉本さん。
     未熟者ながら言わせてもらえれば、わたしもそう思う。
     
     コーヒー生豆の価格が上がることはあっても下がることはまったくない。
     需要が世界中で増え、生産地の人件費が上がり、この先も下がることなんてないんだろうなと思う。
     そういった中でこの価格でもおいしい、と思えるコーヒー豆をさがす作業はとても楽しい。
     それをお客様に提案しおいしかった!と言ってもらえたときの喜びはひとしお。
     値上げは簡単。
     自分の努力もしないといけないと思っている。

     いま扱っているマンデリンの高騰すさまじく
     ひとつしたのマンデリンを研究中。
     シテイはとてもよかった。
     そんな作業がごまんとある。
     
     
DSC_1718_20170219110427133.jpg
ひとつしたのマンデリン シテイロースト 



     お客様ヘは書面にて お知らせしていますが 
     「優しい深煎りブレンド」の発売を始めました。
     生産者支援、フェアトレードのコーヒー豆だけでつくります。
     もちろんそのときによいと思える産地のコーヒーを使います。
     スタートはネパールの深煎りを使ったブレンドです。
     スペシャリテイの果実味志向が強まっていますが
     深煎りもわたしのお客様には根強い人気。
     おいしい深煎りは本当においしい。
     この数か月で見つけた私のおいしい深煎りは
     コロンビアサントウアリオ、グアテマラフロレンシアブルボン、
     コロンビアスイートベリーなど。

      研究とお客様からの注文焙煎で毎日が過ぎてゆきます。
      この積み重ねが強靭な体力となることを願って。




      



 



    





      

     

      
     
     
      

この記事のみを表示するバレンタインブレンド③

coffee



③こちらも絵画のよう。


ラベルデザイン、制作は ジャムも美味しい ヘルボン舎さんに
お願いしております😃


この記事のみを表示するバレンタインブレンド②

coffee


② アートっぽい雰囲気