ashida coffee

ARTICLE PAGE

コーヒーを教えるってこと

オーガニックショップのスタッフの皆さんへの
コーヒー教室が無事に終了しました。

コーヒーを教えることは初めてだったので
原稿を作ったり、友人の前で予行練習をしたり。
友人からは専門知識が多すぎかもね、とか
淹れかたが一番知りたいね、とかアドバイスをもらい
原稿を修正、修正。。。。

当日はスタッフの皆さんが素直に興味をもって臨んでいただいたことで
和やかに楽しい雰囲気で進めることができました。
進めやすい雰囲気を皆さんから作っていただけて
ものすご~く感謝でした。

まず私が昨日焙煎したブラジルの深煎りを
円すいドリッパーで淹れました。

その後、
お店で使っているメリタのドリッパーで同じくブラジルの深煎りを淹れて。
メリタのほうが良いねって、みんなの感想が一致したので
今回はメリタで進めていくことにしました。

次はお店で使用している
既に挽いてある「オーガニックコーヒー」。
淹れてる最中のドリッパーの中のコーヒーの様子や味、香りを
ブラジルと比べて感じることができました。

そして「タンザニア」。
ブラジルよりかなり味の感じは違います。
酸味も強くなっていますが、口々に「飲みやすい」と感想が聞こえて好評でした。

ここでケーキタイム。
生のサクランボを使った手作りのオリジナルタルトをご馳走になりました。
美味しかったです。

コーヒーの香りの効果と
コーヒーが作り出すその場の雰囲気と
そこにいる「人」が作り出す空気が生み出してくれる
とても素敵な時間になりました。

スタッフの皆さんのキラキラした目の輝きや笑顔。

多くを語らなくても
私の大好きなコーヒーが何かを生み出してくれて 
素敵な1日となりました。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment