FC2ブログ

ashida coffee

ARTICLE PAGE

書くということ

  • CATEGORYDaily
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
今週末、まめ太を預かってもらうことになった。
初めての1泊2日。
そこで、まめ太の取り扱い説明書を書いた。
まめ太のトリセツ。
書いてまとめてみて、
誰かに伝えるというのは、
客観視が出来ると思った。
毎日の繰り返しが、
このトリセツを産んだ。

コーヒーのこと。
この数年は感覚のみで、
筆記をしていなかった。
豆は農産物でものすごく変わるし、
焙煎も季節で変わりすぎる、などの要因で
書くことがいやになってしまったのだ。
また、感覚的にからだに染み付いてきたことが多く、
書く、に結び付かなくなてしまった。

しかし、まめ太がお腹を壊しやすいので、
フードのことを毎日書く習慣ができて、
書くってやはり、いいかも、と
まめフードメモ、今日のスケジュール、
そして、毎朝のコーヒーチェックをまた書きはじめた。
朝からノート3つ。

今朝のコーヒーチェックは未発売のエクアドル。
改めて、エクアドルのコーヒーとは?を
調べる。
コーヒーには歴史の背景が興味深いものが多い。
南米のコロンビアとペルーに挟まれたエクアドル。
1990年から半減してしまったエクアドルコーヒー。
日本に入ってくるのは、たった1%。

いま、また、奮闘されるコーヒーに関わる、エクアドルの方々。

既に販売している、アンデスマウンテンもエクアドル。
こちらは無農薬、有機栽培。

今朝のエクアドルフォレスト農園は、
なかなかの個性的な味。
スペシャルテイ。

今日もスケジュールに則り、一日を充実させよう。



スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment