FC2ブログ

ashida coffee

ARTICLE PAGE

今年初のアイスコーヒー作り

今年初のアイスコーヒーを
自宅で仕込みました!

昨年おすすめの
「ぬるいお湯で作るアイスコーヒー」です。

今年は自分の感覚が
どう捉えるか!?


(自宅マンションのベランダで撮影しました。
 明るく撮影できるので。。。
 余談・・今年もベランダ野菜育てています^^)

家庭で!
リーズナブルに!
ゴクゴク飲みたい
アイスコーヒーを
毎年目指しています。

本日のアイスコーヒーDATAです!

〇使用コーヒー豆
  ・SP11 コロンビア ビジャ ファテイマ ティピカ (200g 1,300円)
  ・焙煎度  フルシテイフレンチのフレンチ寄り
  ・焙煎日  5月11日 
         焙煎から25日経過。冷蔵保存していたものを
         直前に少し粗目に挽いた

〇挽いた後の 粉の量 50g 
          (コーヒー豆代換算325円。250g購入で4回分)

〇お湯の温度  60度
  自宅にて電解水素水使用。
  沸騰させたお湯に、足し水で温度を下げる。

〇HARIO水出しコーヒーポット 出来上がり 1リットル用
 (定価1500円。いろいろ安くなっていると思います!)

***************:

この結果は追って 記載します。

いわゆる水出しコーヒーを
わたしの豆は
お湯のほうがいいという
昨年のデータから、
水ではありません。

古くから言われる「浸漬法~しんしほう~」です。
粉の上からお湯を注ぐので
ドリップの要素も兼ね備えていますが
ホットのように、繊細に注がなくてよいので
楽ちんです♪

この方法に向いている豆は
深煎りかと思います。
みなさま、色々とお試しください^^
(アイスコーヒーブレンド、ことはじめ、東テイモール、
 ペルー、エチオピアシダモ、ブルンジ、などなど
 すべての
 深煎りの豆でぜひお試しください☆
 自分好みのアイスコーヒーが見つかりましたなら^^)


果実味のアイスコーヒーもわたしは好きです。
そのときは
ふつうにドリップして
冷まして飲んでいます。

急冷が美味しいので
余力があれば
サーバーの外側から氷水で
冷やしたりすれば良いのですが・・・・

ゆっくり冷めても美味しければ
私の中では、
アイスコーヒーに
向いている豆です☆

「冷めても美味しい」というのは
重要なポイントです!

高すぎるお湯の温度は
やはり美味しくないと思います、、、、
冷めるとなおさら美味しくないです。

昨日、高い温度で淹れてしまって
ものすごくがっかりしました泣。。

今年も色々試して来年につなげていきたいと
思っています。

夏になると
牛乳が不可欠になり、
毎日の様にアイスカフェオレを飲みます私^^
牛乳は低温殺菌のものが多いです(生協の厚子がお手頃)。
ミルク多めが好みです。

今年は果実味の
デザートっぽい
アイスコーヒーつくりを
目指していますが
たどり着けるか、、、、、、、

アイスコーヒー好きの皆様、
楽しんで参りましょう!
(夏もホット派の人も意外に多いので。
 それも、わかる、と頷くわたし。)


ちなみに、、
コンビニアイスコーヒーは
お手軽ですが、

上記方法のスペシャルテイ豆で作ると、、
1杯あたり
81、25円でした。

氷100g
コーヒー液体250g
出来上がり 350g(350cc)
(ローソンマチカフェMサイズ)

おうちで作って、
プラゴミも減らしていきましょう❗












スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment