ashida coffee

ARTICLE PAGE

濃くても薄くても・・・お薬師さんの手作り市 6月

お薬師さんの手作り市。
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

1日半焙煎してお持ちした量でした。
手作り市当日の朝に挽き コーヒーを淹れて作ることを
思うとなかなか量を増やせません。
昨日は夕方から焙煎機も調子を崩してしまい
少なめの焙煎となりました。
本当に申し訳なく思います。

お越しくださる皆様に率直にお話させていただいた今月です。

例えば
今月のラオスの焙煎は 
あのときの(この話は「家について考える日」のイベント)イベントより
ずっと煎りが浅いので 苦味ではありませんがそれでもよろしいですか?とか
いつごろの何の豆でしたか?と覚えていらっしゃいましたらお聞きしました。

いつも同じようにできていれば良いのですが
美味しい点を日々探し続けてしまって味に違いが生じます。
例えば「このコーヒー豆は酸味です」と
率直に話して納得していただいて お持ち帰りいただきたいのです。
酸味が苦手、という方には
ポットでお持ちした酸味と感じるコーヒーを飲んでいただいて
これが飲めるなら 酸味も大丈夫ですね、などと話をさせていただきながら
お持ち帰りいただきました。

結局。
好きじゃないコーヒーをお持ち帰りいただいても
私が楽しくないというか がっかりするというか。。。

コーヒーの時間はものすごくほっとする瞬間なので
できるだけお好みに近いコーヒーを探し当て
飲んでいただきたいと思っています。

あの時のペルーが好みでした・・・といわれたりすると
できるかなあ・・・とプレッシャーにもなりますが
奮起するのも事実です。

ウンチク系、情報系を目指していないので申し訳なくも思いますが
私の作るコーヒーで飲んでいただける方々とぴったりくることが
たくさんあればそれでいい!と思っています。
感覚的に美味しい、と思っていただくことを願っています。
そうしているうちに フェアトレードなど生豆生産者の方々のたくさんの支援に
つながったらなあ~と思っています。

そんな感じで表面的なことよりも
ぐぐぐいっと 浸み込むコーヒーを作れるようにこれからも精進します!
焙煎機 直さなくちゃ~涙

最後に本日すごく嬉しかったこと 書かせてください。
豆を多くつかっても(濃くなる)
豆を少なく使っても(薄くなる)
どちらでも美味しかったです、と言っていただけたときには
嬉し涙があふれそうでした。

どんな器具を使っても。
どんな淹れ方をしても。
その方がご自分で美味しい~と思ったなら
それがきっと至福の珈琲時間だと思います。

**追伸**

明日 おひさまやさんへ おひさまやブレンドをお持ちします。
昨日焙煎しています。挽きは明朝です。































スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment