ashida coffee

ARTICLE PAGE

ひかえめな中の美しさ

  昨日は駆け足で 杜の都のクラフトフェアを見てきました。
  ココロがとても満たされて帰ってきました。
  
  今年気づいたことがありました。
  ひかえめな中に芯を感じる作品なのか作家さんなのか
  そういうことが好きだなあ・・・と思いました。

  巻いているだけではわからないストールに隠された秘密のような技とか
  作品を見ただけではわからないようなことに
  奥ゆかしさのようなものを感じます。
  その一見気づかないところに品を感じたりします。不思議です。
  すぐに気づかない。そこにときめいたりします。

  なので説明するのもはばかられます。
  庄子葉子さんのコースターを今年は購入しました。
  このコースターはね・・・と言いたい秘密がありますが。
  庄子さんに会ったら皆さん聞いてください・・・・。
   クラフトフェアは日曜日の夕方5時までです。
 

 
    121007_070404.jpg

 

   昨日は予定より遅い時間から焙煎がスタートしました。
   昨日はいよいよ焙煎しながらコーヒー豆を食べました。
   どの段階で味が変わってゆくんだろう。。
  
   もともと美味しいコーヒー豆は美味しく仕上げることもわりとたやすいところがあります。 
   美味しい生豆を探すのは日本的には当たり前のことでしょう。
   飲まれるかたは美味しい珈琲がよいですものね。
   わたしも同感です。 
   ただ、陽はあたらないけれどがんばってつくる生産者がいると思うと
   そのコーヒー豆を仕入れたい・・
   実に見当違いの活動なのかもと思ったりもします。
   なぜならそこにあるのは いわゆる 「美味しい」とはほど遠いことだから。
   これじゃお客様がいなくなってしまいますね。。。(笑)
   でも私がしたいことはそういうことのようです。
   昨日 コーヒー豆を食しながら本当にそう思いました。
   陽が当たらない場所にいても活動を続けたいと思います。
   グルメな美味しいコーヒーの合間で構いません。
   時々こんなコーヒーを思い出して 飲んでいただけたならありがたく思います。


   今日はwasanbonさんが 山形へ 縁側ごろつき市に
   お出かけ風土市です。
   ネパールのコーヒーを託しました。
   そういう(どういう?)ことが ご理解いただける方のお手元に届きますように。
   wasanbonさん 山形にて伝達をよろしくお願いします♪

 

   
  
   
   

    
   
  
スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/08 (Mon) 11:53 | REPLY |   

芦田珈琲  

Re: ありがとうございます

メッセージをありがとうございます。嬉しく読ませていただきました。3周年の記念の珈琲はニカラグアとタンザニアが混ざったものです。販売の予定はなかったのですが、そんなふうに言っていただけますと嬉しく思います。お力をいただけますお言葉。本当にありがとうございます。お会いしましたときにはぜひお声掛けください。お顔を合わせて御礼申し上げたい想いです。ありがとうございます。

2012/10/09 (Tue) 22:22 | REPLY |   

Leave a comment