ashida coffee

ARTICLE PAGE

ありがとうございました

  お薬師さんの手作り市 では ありがとうございました。

  雪が降り
  価格も変わり・・
  持ち帰らねばならないコーヒー豆を覚悟し向かいました。  
  わたしの気持ちとはまったく反対の状況でした。
  本当にありがとうございます。

  昨日はずいぶんと 「すみません」とお客様へ言ってしまいました。
  購入してくださることに いまだに すみません・・と 言ってしまいます。。。
  それから。
  昨日はずいぶんと お客様へ冒険させてしまいました。
  そのこともすみません。。
  お好みに合わないコーヒー豆が届いてしまったら本当に申し訳ないのです。。
  「酸味が苦手」と本当によく言われます。

  でも酸味の感じ方もずいぶんと幅がありまして
  あまりにその方によって違いますので
  もう本当に 「飲んでみていただいて」 としか 今は言えなくなってきました。
  深煎りの苦味も良いのですが
  そこまで深く焙煎しないコーヒー豆もとても素敵な味を出してくれるんです。
  その味をお客様が感じてくださったならそれはもう私も嬉しくて。
  その瞬間に 「ありがとうございます!」と 心から言えるのかもしれません。

  
  それから。コーヒー豆のお話ではないのですが
  
  私はこんな仕事をしていて何なのですが
  あまり浅く広く人と関わることが得意ではないのです・・
  出来るなら お客様と私の間に とても気持ちの良い時間が流れることを
  とても強く求めています。
  イベントのあの短い時間の お客様と接するほんの数分ですが。
  (長くなると今度は何を話したらよいかわからなくなってしまい
   まだほんの数分、お話しするのが精いっぱいです)
  時々 空回って なんでそんなこと言っちゃったんだろう・・と思うこともあります。
  でも 案外 世の中は広くて 人はたくさんいるようで
  わたしみたいな方に ポツポツと出会えるようになってきました。
  そんなに 人にウケるために あれこれしなくてもいいんだな、と
  思えるようになってきました。
  わたしもできるだけ わたしのままでいますので
  お客様もどうぞ そのままでお越しください。
  きっと とてもとても 気持ちの良い空気が流れると思います。


  では本当に昨日の お薬師さんでは ありがとうございました。
  よろしかったら来月もいらしてください。
  そのままで。



  

 
  







  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment