ashida coffee

ARTICLE PAGE

焙煎

  
     3年前は わりと なんでも 深煎りに。
     深煎りにして 違うとき コーヒー豆が 示唆してくれることが
     今 やっと わかるようになってきた。
     やっぱり そうだよね、って 思う。

     気が付けば ものすごく 時間がかかって 
     深煎りに 仕上がった コロンビア。
     今朝(もう昨日の朝)、口にしてみて
     あまりの味に 辟易。。
     商品にはもちろんしていない。
     
     見た目は 深煎りで美味しそうなんだけど
     焙煎の工程が まったく出来てない。
     その工程を知ってるのは私だけ。

     その反対に
     工程はうまくいっていると思っても
     飲んでみると んー・・・と思うことはたびたびある。
     そんなときは いつも へこむ。
     
     日々 その繰り返し。

     
     だから 時々
     すぱーんと 何もかもを 忘れてしまいたくなる。


     休憩に 珈琲を淹れ 
     ドリップに無心になり
     クロネコヤマトさんが カラカラと窓を開け ものすごくびっくりした。
     人の気配に気付かないほど
     ドリップすることしか考えていなかった。


     そういうコーヒーが美味しければいいのだけれど
     「あーこういう味に仕上がるのかあ・・」と
     飲んだ先は 現実に引き戻され・・・・・・・・・・・・。


     いったい どれだけ 年数を重ねたら
     せめて5割バッターになれるのだろう。。。。。。。。。。。。。。。
     
     もう本当に本当に。。
     お客さまとなってくださる方や
     扱ってくださるお店のみなさまに助けられる日々です。


     
     先日の 樹の下さんでの こりす雑貨店での 「アイスコーヒーブレンド」は
     昨日、日にちが過ぎたところで もう一度飲んで
     しっかり ビターでしたね。

     ビターも 良いし
     この ビターな アイスコーヒーブレンドに
     少し フローラルさを エッセンスとして加えたいのだけれど
     その段階にまだ進んでいません・・

  
      この ビターな アイスコーヒーブレンドは 作れます。
      ビターな アイスコーヒーのブレンド → 
             ブラジルフェレーロ、インド、ジャワの良質のロブスタ種のブレンドです。


      (ここに ベリーの余韻と香りを演出したいのだけれど 今年出来るのだろうか。。)


     もう こんな時間になってしまいました。。。

     おやすみなさい☆

    

    

130618_211223.jpgネパール




スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/19 (Wed) 10:10 | REPLY |   

芦田から。  

コメントありがとうございます。
嬉しく読ませていただきました。
なんていうか・・そういうふうに感じてくださったそのお人柄がすばらしいのではないのかと思います。
わたしは作る中でそういうふうに思ってしまったり、ブログでありのままに綴ってしまいます。
そのことをそういうふうに受け止めてくださるその方の、その受け止め方が素晴らしいのではないかと思います。伝わりますか。。?
樹の下さんにもさらに感謝の気持ちになりました。
コメントとても嬉しく読みました。
ありがとうございます。

2013/06/20 (Thu) 09:55 | REPLY |   

Leave a comment