猫とワタシ

ashida coffee

コーヒー豆は種。太陽と大地のエネルギーいっぱいで作られます。人・環境を大切にしたコーヒー豆を焙煎します。

この記事のみを表示するアイスカフェオレの朝に

Daily

         6月初めの アラスカフォトライブ。
        写真家の松本紀生さんは今頃アラスカです。
        今度はどんな出会いがあるのでしょう。
        ハクトウワシのバタフライなんて本当にすごかったんですよ。
        餌の魚が大きすぎて とべなくて水面を羽を使ってバタフライしているんですから☆

        フォトライブを主催してくれた友人達が昨日工房を訪れてくれました。

        工房の不思議なことのひとつに
        エネルギー(?)が なんとなく クリーンなこと。
        昨日も クリーンな会話しかありませんでした。

        女子3人。
        生活環境も やってることも 今まで生きてきたことも 様々なのだけれど 
        いつも全力な人たち。
        いっぱい涙してきたことも語ったり 笑ったり。
        結果は成功なのかどうなのかわからないけれど
        そのとき やりきったよね!と言えること。

        松本紀生さんがフォトライブの最後に結んだ中に実はその語りがありました。
        おそらく、多くの方がそのことに触れて涙が止まらなかったのだと思います。

        自分のしていることがどうなんだろう。。?と
        思ってしまうとき。
        すごく一生懸命に取り組んでみたり
        何か迷いや大きなことがあってとても悩んでみたり。。
        でも どれもこれも一生懸命でちょっとステキです。
        だからこその 笑えて笑えてどうしようもないぐらいの楽しいとき。

        昨日は他にもわたしには大きな変化がありました。
        いろいろな話にあまりについていけなくて
        ちょっとそこはわたしの大きな悩みなのですが
        話に必死についていこうとするより
        自分が触れることがまたひとつわかったこと。
        感度をあげたい。もっと奥に触れたい。
        触れつつ
        今日も焙煎したりハンドピックしたり挽いたりします。

        そうそう。
        昨日は来客で 仕事はもちろん後ろへ おしました。
        クロネコさんの集荷は間に合わず。
        21時まで泉のクロネコさんへ持って行けば間に合うので
        夜クルマを飛ばしました。
        窓は全開。
        最初はCDも大音量。
        でももう昨日までとは違ってOFF。
        風だけに触れながら夜の運転は最高に気持ちが良くて。
        時間もガソリンも使ったけれど
        夜の風に触れることのほうが何倍も何十倍も豊かだったのですから・・・。





       

  
      
        






        


                

        
        

        

     
        




                       
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)