ashida coffee

ARTICLE PAGE

深煎

遠ざかっていた味がある
深煎
とある珈琲店
ものすごく深煎なのに
質感がたまらなくよくて
自分でも淹れてみる
最近道具を変えた
湯の質感が明らかに変わったように思う
まだまだ使い込まないとわからないけれど。
深すぎたと冷凍庫に眠っていた
1ヶ月以上前のエチオピアイルガチャフィー。
ひとつきの時間を経て
深煎は時間がほしい。持論。
ふくらまなくてもいいじゃないかとさえ思う。
ドリップの姿の美しさは損なわれるけれど。
湯の質感。
深く煎られたコーヒー豆は
短い時間では簡単に味を醸し出さない。
手紙を待つように。
待つという美しさ。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment