ashida coffee

ARTICLE PAGE

パナマ

   昨年末 思わぬコーヒー豆を焙煎することができた。
   パナマ エスメラルダ ゲイシャ。
   少しだけ譲れるという願ってもいない機会だった。
   価格が破格なので正直戸惑って保留にした。
   
   その後・・・・・・・・・・・いろんなことが続いて取り寄せることを決定。
   もちろんお客さまとの絡みから。
   ちょっと涙が出そうだった。
   こんなことってあるんだな、と。

   販売できる量ではないため申し訳ないのだけれど
   未来へ向けてこんなコーヒー豆を焙煎できたことがわたしにとっての大きなステップだった。
   お譲りくださった方へとにかく感謝している。

   パナマのゲイシャは 昨年秋 一杯2000円ほどで世間を賑わせたコーヒー。
   パナマのゲイシャもいろいろあるから ちゃんとしたものしか飲みたくなかった。
   エスメラルダの生豆を
   自分の目で手で鼻で口で 感じることが出来たのは本当に良かった。

  
   オーガニック。ゲイシャのようなプレミアムなコーヒー。
   フェアトレード。生産者の支援。

   コーヒーは本当にいろいろある。
  
   今のわたしのコンセプトは
  
   生産背景がしっかりしている
   または
   味が豊か
   または
   わたしたち飲み手が飲める価格のコーヒーもそろえること。
   まだまだ ここから どれかを省くことが出来ない。
   なにより お客様に喜んでいただかないと意味がない。
  
 


   今日は 東京の 麻麦オーガニックベーカリーカフェさんへ 
   グアテマラウエウエテナンゴを送ります。
   年末 麻麦さんのお菓子を送っていただきました。
   このお菓子とコーヒーが合わさるんだなあとイメージしながら食べました。
   このお菓子にちゃんと寄り添えるコーヒーをつくれるよう
   がんばろうと思った昨年末のことでした。。。。。。。。












   
  
   

  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment